2015年07月10日

新国立競技場 収容人数





【新国立競技場】折れた舛添都知事 森喜朗氏がハチミツ渡し「これを食べて、甘くなれ」 - ハフィントンポスト
新国立、折れた都知事 森氏がハチミツ渡し「甘くなれ」. □さまよう聖地 新国立のゆくえ. mori masuzoe. どうする?新国立競技場の財源. 8日午後、東京都庁の知事室がある7階の会議室。舛添要一知事は「長年の友人」という遠藤利明五輪担当相をにこやかに出迎えた。(続きを読む)

この新国立競技場を未来へ引き渡せるか :日本経済新聞
これほど無謀な国家プロジェクトがいっさいの見直しもなく進行する事態に、あぜんとするばかりだ。2020年東京五輪・パラリンピックに向けた新国立競技場建設計画の暴走である。 巨額の整備費をどう捻出するのか。将来は赤字を垂れ流すだけではないのか。批判は高まる (続きを読む)


新国立競技場「特殊性」の値段は765億円? - 日経BPネット
日本スポーツ振興センター(JSC)は7月7日に開催した新国立競技場将来構想有識者会議で、14年5月の基本設計からの変更点を明らかにした。基本設計段階から大幅に増えた工事費はデザイン上の「特殊性」が押し上げたと明らかになっ ...(続きを読む)

「新国立競技場」間に合わないならいっそ五輪返上?このまま ...
東京五輪の目玉である新国立競技場の建設が遅れていて、開催が大ピンチだと『週刊文春』が報じている。5月18日(2015年5月)に下村博文・文部科学相と桝添要一都知事が会談した際、下村氏が「屋根を付けると工期が間に合わない上に ...(続きを読む)


新国立競技場屋根建設費だけで、日本は、ギリシャ国同様の無責任財政国家となる!...
新国立競技場屋根建設費だけで、日本は、ギリシャ国同様の無責任財政国家となる!・・と報道ステーションの解説員が、述べていましたが・・同感です! 世界に示す見栄のために、国の保育費 スポーツ育成環境費 が全て国立屋根部分費に、消えるそうです。要するに我々国民が屋根代金を支払わなければならなくなるそうです。正に安部政権の「馬鹿野郎ー!!」です。(続きを読む)

★舛添都知事にリコール提出! 新国立競技場について下村博文文部科学相は、完成は...
★舛添都知事にリコール提出! 新国立競技場について下村博文文部科学相は、完成は予定より2カ月遅れの19年5月末で総工費が2520億円となることを報告した。 今後は国が東京都に求めている約500億円の費用負担が焦点になる。この額は国などが確保済みの627億円に迫る一方、都の支出には法的根拠が必要な上、計画反対の声が根強い中で住民訴訟のリスクもはらむ。総工費が大きく膨らんだこともあり財源確保に向けたハードルは高い 「都民に説明のできないカネ、法的に支出が禁じられているカネは一円たりとも支払うことはできない」東京都の舛添要一知事は今月9日、ウェブマガジンのコラムで強調した 自治体が違法・不当な公金支出をしたと住民が考えた場合、監査委員に是正を求めることができ(住民監査請求)、退けられたら裁判(住民訴訟)を起こせる。首長や職員個人が賠償責任を負うこともある。国の支出にはない仕組みで、新国立競技場建設で国民が国費差し止めを求めるのは困難だが都税が投入された途端、都民は「待った」をかけることができる 新国立競技場計画にはコスト面だけでなく、景観上からも疑問視する声が根強い。都の負担ありきで議論が進む中、都側には「国は我々の法的リスクをなかなか理解してくれない」との不満が漂う そもそも都税投入は「国は自治体に対し、自治体に権限のない事務の経費を原則負担させてはいけない」とした地方財政法に抵触する可能性がある。しかし下村氏は、都が認めないならば「新根拠法を作りたい」としたが、舛添氏は「一自治体だけに適用される特別法の制定には住民投票が必要」との憲法95条の規定を挙げ異議を唱えた すると、下村氏は「現行でも日本スポーツ振興センター法に基づき、都の費用負担は可能」と述べた。建設主体のJSCに「政令で定める自治体」が資本金を出せる特例があるためだ 国立なのに、なぜ都が負担を求められるのか ■現在都議会において、自民党と公明党の議員らは、安倍政権の指示に従い500億円を出すべきだとしている。都議会で過半数の議席を持つ自民党と公明とは強行採決をしてでも500億円拠出をするとコメントしている ■昨日の報道で分かった事ですが舛添都知事は「私が都民を説得する。500億円は出します!」と森善郎と下村文科相に密約しているようです ■心ある都民が舛添都知事へのリコールをおこすようです! 皆さんはリコール問題をどう思いますか(続きを読む)





posted by まなみ at 11:13| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。