2015年07月07日

forced damped vibration





Japan and the Hanaoka Massacre of Chinese Forced ...
Later in the fall, the head of a U.S. investigation into forced labor at Hanaoka, William Stimpson, furnished a thirty-page report on the atrocities in preparation of war crimes indictments. This led to the arrest of Kajima's president ...(続きを読む)

Woman in wheelchair says American Airlines forced her to ...
Disabled woman denied wheelchair to board flight, says she was forced to crawl to seat. Published at 7:05 pm ET, Mon Jun 8 2015. Just Watched. replay. An American Airlines passenger claims she was forced to crawl onto a ...(続きを読む)


Video of Tamil Nadu Child Forced to Drink Liquor Goes Viral
Tiruvannamalai: A child, no more than 4, drinks liquor from a cup as a group of men laugh and cheer him on. The disturbing video went viral on social media before the police in Tamil Nadu intervened and arrested three of the men, charging them with (続きを読む)

Hundreds forced from homes by Saskatchewan wildfires staying in Cold Lake
WATCH ABOVE: Several hundred people from northern Saskatchewan have come to an evacuation centre in Cold Lake, Alberta. Tom Vernon is there(続きを読む)


「forced to work」だそうです。 また絡みますか?
「forced to work」だそうです。 また絡みますか?(続きを読む)

世界遺産登録「forced to work」の表現について 軍艦島などの世界遺産登録について...
世界遺産登録「forced to work」の表現について 軍艦島などの世界遺産登録について、「forced to work」の表現について物議を醸しだしています。 政府および外務省は「強制労働を意味するものではない」として発信していますが、これは国際労働機関(ILO)が国際的に禁止している「強制労働(forced labor)」では無いということを明確にするためだと思います。 しかしながら、例えばアウシェビッツの説明文などで「forced to work」という英文があったりしています。 参考URL:http://i.imgur.com/VnwSm21.jpg 質問1:国際社会において、この「forced to work」という表現は、ILOの規定する「forced labor」と同様に捉えられるのでしょうか? それとも違うものとして捉えられるのでしょうか? 質問2:皆さまはこの件について如何お考えでしょうか? 私個人の考えでは、政府や外務省の言っていることも理解できなくは無いですが、原文の英語を読むと、第三者からすれば強制労働(forced labor)と捉えられかねない表現であり、この言い分は国際的には日本の言い訳にしか聞こえないようなものであり、国内からの批判を躱すための言葉遊びに過ぎないという印象を受けております。 今までの安倍政権が積み上げてきた外交のプラス評価(個人的な評価です)を帳消しにするほどの大失態だと感じており、安易な妥協で慰安婦問題のような火種を作ったと評価しています。 これは、岸田外相の更迭とか問責に値する事案であると感じています。 一部では、菅官房長官の「強制労働ではない」という発表をもって、今回の騒動における政府の対応を擁護する意見も見受けられていますが、結局はその見解が「国際社会で通じるか否か」という問題であると思います。 これからの外務省の対応・発信力次第ではありますが、皆様のご意見を頂きたく質問させて頂きます。 長文で大変失礼いたしました。(続きを読む)





posted by まなみ at 23:45| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。