2015年03月31日

副操縦士


副操縦士、過去に自殺傾向 検察、免許に「要治療」
【ベルリン共同】フランス南部のドイツ旅客機墜落で、ドイツ西部デュッセルドルフの検察は30日、機体を故意に墜落させた疑いが強まっているアンドレアス・ルビッツ副操縦士(27)が、過去に自殺傾向があったため、精神治療を受けていたと発表した。 また、米ダウ・ジョーンズ通信 (続きを読む)


【悲報】ドイツの副操縦士、アダルトサイト閲覧を開示される
フランス南東部で独ジャーマンウイングス機を墜落させたとみられる同機のアンドレアス・ルビッツ副操縦士について、海外メディアは「所有のパソコンで自殺サイトなどを閲覧していたことが分かった」と報じた。 中略 自身のパソコンで自殺関連の ...(続きを読む)




posted by まなみ at 07:53| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。